スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとつ歳をとりました

こんばんは。
誕生日が平野綾や絢辻詞と同じことが唯一の誇り。
犬丸です。

というわけで、またひとつ歳をとりました。
ファウスト賞の応募資格にギリギリアウトな世代です。
碇シンジと同年代の時期にエヴァの生放送を見てた世代です。
高校受験シーズンに同級生2をプレーして、偏った高校生活をイメージしてた世代です。
高校に入ってびっくり、窓越しに話す幼馴染や、同居している義理の妹はおろか、
柔道着が普段着の同級生なんていやしません。
ぐりぐりメガネの女の子はいましたが、メガネをはずしても平凡でした。
芳樹みたいなヤツは普通にいました。
そんな高校生活でした。
それはそれでかなり楽しかったのですが、
そのあたりの話は今後書き連ねるとして……。


そうそう、最近ひぐらしを始めたんですがね。
ナニをいまさら的な感じですが、
六年間積みゲーしてただけあってかなりよい感じに醗酵しており、
それはもうおいしゅうございました。
六時間ほどかけてようやく「鬼隠し編」をクリア。
僕は推理物が致命的に苦手なので、
まっとうな推理は六年前のブログやら掲示板に任せるとして、
僕自身は、なんか、もう祟りと言う以前に、
ほとんどが圭一くんの思い込みから端を発した一人芝居のような感想を抱きました。

しかしあの作品、昭和五十八年という舞台設定なのに、「萌え」とか「メイド」とか「妹」とかいう単語が頻発してますね。
当時といえば、まだ萌え属性はおろか、おニャン子クラブすらこの世に出ておらず、
エロアニメの金字塔「くりいむレモン」すら、その完成を来年に控える年。
そんな中、日常会話でさも当然のように萌え属性を語りあう雛見沢の生徒たちこそが、現在巷を席巻する萌え文化のパイオニア、先駆者だったのではないでしょうか。
山奥の閉鎖性も相まって、彼らの作り上げた萌え文化は決して外部に漏れ伝えられることもなく、凄惨な事件を以ってその年の六月を境に絶滅し、
それら萌え文化が再び「発明」され、全世界を席巻するまでには、さらに十年の文化の成熟を待たなければならなかった……。

みたいなバックストーリーを想像してプレーしてたら、このゲームが違う意味でやたらおもしろくなってきました。
それでは「綿流し編」に行ってきます。
スポンサーサイト

九月の読書


九月の読書履歴です。
相変わらず読んでないなあ。
速読でもマスターできればいいんだが……。


---

9月の読書メーター
読んだ本の数:10冊
読んだページ数:1628ページ

じつは、わたくしこういうものですじつは、わたくしこういうものです
さまざまな架空の職業のお話。世界観がかなり好き。シチュー当番はリアルに作れるんじゃないかと思った。
読了日:09月20日 著者:クラフト・エヴィング商會
なぜ、週4時間働くだけでお金持ちになれるのか?なぜ、週4時間働くだけでお金持ちになれるのか?
すべてのワーカホリックにオススメの書。際限のない仕事から抜け出す実践テクニックも豊富に取り揃えてあるが、これらラディカルな手法をすぐ実行できる人はもうナニやったって成功できる人だと思う。
読了日:09月15日 著者:ティモシー フェリス
それでも仕事は「好き!」で選べ (Nanaブックス)それでも仕事は「好き!」で選べ (Nanaブックス)
「現実は厳しい」「自信がない」「嫌いになったら困る」。好きなことを仕事にするにあたって、この三つは言い訳に過ぎないという論調。ためになった。
読了日:09月14日 著者:田中 和彦
夜のピクニック (新潮文庫)夜のピクニック (新潮文庫)
現役の高校生はこの本を読んで、修学旅行のときにでもこんなノリの会話をすればいいと思う。きっと生涯を通じた親友になれると思うから。
読了日:09月12日 著者:恩田 陸
人類は衰退しました (ガガガ文庫)人類は衰退しました (ガガガ文庫)
妖精さんの破綻した言語感覚と、舞台を妖精スケールに箱庭化したことによって滲み出るシュールさがステキです。村を壊滅させるほどの大事故を「かそりました」の一言で済ませるあたりなんかもう……。
読了日:09月11日 著者:田中 ロミオ
爆麗音-バクレオン 4 (ヤングジャンプコミックス)爆麗音-バクレオン 4 (ヤングジャンプコミックス)
年上のギターに選ばれる歩夢がうらやましい。一期一会の直観は大事だと思う。
読了日:09月06日 著者:佐木 飛朗斗,山田 秋太郎
爆麗音-バクレオン 3 (ヤングジャンプコミックス)爆麗音-バクレオン 3 (ヤングジャンプコミックス)
そうそう。芸術ってのはやっぱり狂気と人外の世界を内包していないとっ!
読了日:09月06日 著者:佐木 飛朗斗,山田 秋太郎
爆麗音-バクレオン 2 (ヤングジャンプコミックス)爆麗音-バクレオン 2 (ヤングジャンプコミックス)
音楽知識に疎くてもグイグイ引き込まれる。あと、人間関係が相当複雑なのね。
読了日:09月06日 著者:佐木 飛朗斗,山田 秋太郎
爆麗音-バクレオン 1 (ヤングジャンプコミックス)爆麗音-バクレオン 1 (ヤングジャンプコミックス)
やはり天才が音楽を奏でる姿はいつ見ても美しい。
読了日:09月05日 著者:佐木 飛朗斗,山田 秋太郎
恋の話を、しようか恋の話を、しようか
なんだろう、このラストの疾走感。
読了日:09月05日 著者:三上 康明

読書メーター

PageTop

プロフィール

犬丸

Author:犬丸
やりたいことのやっていることのギャップを埋めつつ、
不可能を可能に、可能を当然に置き換える生活に埋没中。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
Google AdSense

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。